資料請求 お問い合わせ 相談会 0120-626-663

地域型住宅グリーン化事業について

事業概要

地域型住宅グリーン化事業イメージ

※出典 地域型住宅グリーン化事業実施支援室 「令和元年度 地域型住宅グリーン化事業について R1.8.9更新」の資料より



地域における木造住宅生産体制を強化して、環境負荷の低減を図る。
そのために木材、建材流通等の関連業者とともにグループを作り、省エネルギー性能や耐久性等に優れた住宅の整備や三世代同居*1への対応等に対して支援を行うもの。そして、グループ毎に建築の際、その費用の一部を補助する。

*1 キッチン、浴室、トイレ、玄関のうちいずれか2つ以上を住宅内に複数設置する場合をいう

ねらいとして、

1、地域の中小住宅生産者等が供給する住宅に関する消費者の信頼性の向上
2、関連産業の多い、地域の木造住宅市場の振興による地域経済の活性化
3、地域の住文化の継承および街並みの整備
4、地域の林業・木材産業関連事業者と住宅生産関連事業者との連携構築を通じた木材自給率の向上
5、住宅の省エネルギー化に向けた技術力の向上
6、子育てを家族で支える三世代同居など複数世帯の同居しやすい環境づくり

補助金の対象となる建築物とその上限額



令和元年グリーン化事業補助金上限額

※出典 地域型住宅グリーン化事業実施支援室 「令和元年度 地域型住宅グリーン化事業について R1.8.9更新」の資料参照・作成

これは返さなくてもいい補助金であり、グループに加盟している工務店だけが建築した際に受けられる補助金です。

※書類作成費用は別途必要


いいことたくさん!

○質のいい住宅づくりができる
耐震性に優れている(耐震等級2以上)ため、いざという時安心
-省エネ住宅(省エネルギー対策等級4)だから、住んでからのの光熱費を抑えられる
断熱性能が高いので、冬の寒さや夏の暑さから快適に過ごすことができる

○返す必要のない補助金を使うため、予算オーバーになることなく良質な住宅を建てられる

○この他にも高性能住宅に対する様々な優遇を受けることができる
-住宅ローン控除額の引き上げ
-不動産取得税の軽減
-固定資産税の減額期間の延長
-長期固定金利を利用するフラット35Sにおいて金利を引き下げて借り入れが可能
-登録免許税率の軽減

○国庫補助が含まれていない補助金と併用できる
※詳しくは各地方公共団体のホームページ等にてご確認ください

この事業は、返す必要のない補助金を使って、性能の高い住宅を手に入れることができます。

ただし、どこの工務店でも利用できるわけではなく国土交通省に採択されたグループに加盟している工務店だけが使えるものです。

エムズハウスでは、このグループに加盟しておりますので補助金対象の住宅を建築できます。
ただし、補助金申請数には限りがあるので、お早めにお申し込みください。


「もっと詳しく知りたい!」と思ったら、
お問い合わせはこちら→


相談会 資料請求